みなさま、こんにちは。

 

「ゼロ・ウェイスト (Zero Waste)」と聞くと、全くゴミを出さない生活を思い浮かべる方が多いかと思います。

 

ゼロ・ウェイスター (Zero Wasteを目指す人たち)の中には、ほとんどゴミが発生しない生活をしている人もいます。

でも、私にはそこまで自分に厳しい生活はまだまだできていません。

でも、できることから少しずつゴミが減る生活を送るように心がけています。

 

今日は、まだゼロ・ウェイストを行ったことがない方、はじめたばかりの方が取り組みやすいことをお伝えしようと思います。

簡単に今日の生活から取り入れられることばかりです。

 

(Photo by Paul Baden on Unsplash

 

1.エコバッグを常にかばんに入れておく。

買い物の際にエコバッグを使用されている方は多いかと思います。

でも、仕事帰り、学校帰りにちょっと買い物しなきゃいけないことを思いついて、「わざわざエコバッグを取りに家に帰るのも面倒くさいし。。。今日はビニール袋を使うしかない。。。」となることがよくあると思います(私もそうでした。)

なので、常にかばんに小さく折りたためるエコバッグを入れておきましょう。

 

 

 

2.水筒を持ち歩いて、ペットボトルの水を買わない。

飲料水の会社は水道水の2000倍の価格で水を販売しているそうです。

マイボトルを持ち歩くことで、毎月数千円の節約にもなります。

ペットボトルはリサイクルされているから、エコだと思われるかもしれませんが、リサイクルにはエネルギーも必要です。

またこのビデオを見て、本当にリサイクルシステムは成り立っているのか疑問を持ちました(日本語字幕もあります)。

 

 

水道水に含まれる化学物質が心配な場合、浄水器をつけるなど工夫してみましょう。

アマゾン等で数千円から売られています。

 

3.生理用紙ナプキンから布ナプキンに変えてみる。

初めての方は、1日目、2日めは量が多いため、布ナプキンだと不安だという声も聞きます。

もちろん、1つの布ナプキンを取り替えないで長時間使用すると漏れる可能性もあります。

でも、これは紙ナプキンでも同じですね。

布ナプキンは予想以上に月経が快適になるので、ぜひ一度試してみてください(*^^*)

どうしても不安だという方は、まずは量が減ってきた頃やうちにいる時だけ布ナプキンにしてみるなど紙ナプキンと併用されることをおすすめします。

 

4.メルカリやヤフオクなどでセカンドハンドの商品を買う。

何かものを買う必要がある祭に、新しいものを買うのではなく、セカンドハンドのものを買うことで無駄な資源を消費しなくてよくなります。

最近は、メルカリやヤフオクで簡単にセカンドハンド商品を買うことができます。

商品を注文した際に、出品者になるべく包装を減らして送ってほしいと伝えておきましょう。

ちなみに、新しい服を買うと、化学物質が服についた状態ですが、セカンドハンドの服はほとんど揮発してしまっている場合が多いので、からだにもいいです。

 

5.コンビニ弁当やテイクアウトを減らす。

コンビニ弁当やテイクアウトの食べ物はほとんどパッケージに入っています。

なるべく自炊をするのがベストですが、毎日料理をするのは大変ですね。

私は、テイクアウトをする際にお弁当箱を持っていってそれに入れてもらえるか聞いてみます。

もし無理でも、箸やプラスチックのフォーク・スプーンをもらわないようにしましょう。

 

みなさまもできることからゴミを減らすことにチャレンジしてみてください(^o^)

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。